リエバコ

バズるコンテンツをつくろう

インプラントって差し歯とは何が違うの?

SPONSORED LINK

インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。
まず、差し歯というのは、歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。
そのため、歯そのものを抜いてしまうと、利用することは不可能です。
では、インプラントの場合はどうでしょうか。
インプラントは、歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。
歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、利用できるのがインプラントの強みです。
歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。
インプラント埋入手術では、術中、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。
手術部位には麻酔をしっかり効かせて本格的に手術を始めるためです。
手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては多少の痛みはあるかもしれませんが痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。
歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。
虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部を支えとして残すことができれば冠のような形の義歯をつくり、クラウンという義歯をはめられます。
しかし、根から抜いた場合は入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するインプラント治療を選ぶこともできます。
インプラントについて、簡単に説明すれば歯がまるごと抜けてしまった後で、代用となる人工歯のことです。
ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは歯根からあごの骨に埋め込んでいるので噛んだときの感じも自分の歯に近く、手入れしながら、長い期間使うことができます。
なお、インプラント治療は全て自費となり、治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。
どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。
インプラント以外の治療はできないという方にすすめられる治療なのです。
周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラント治療を希望することになる患者さんが多いでしょう。
インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、より自然な噛み心地を得られるため食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。
多くのメリットを知られるインプラント治療。
でも、デメリットも知った上で選択してください。
まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。
ケースによっては数十万円の負担になることも覚悟してください。
また、治療の失敗内容によっては起こった問題は、相当深刻化する可能性があるリスクも背負っています。
障害が残るばかりか、治療によって死亡したケースもありました。
インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。
保険適用されることはごくまれで、当然のように全て自由診療になってしまうので失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても一概に費用を決められませんし、自由診療なので、歯科医院ごとにずいぶん費用は変わってきます。
治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならないことも念頭に置きましょう。
理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、検査の段階で断られることもあります。
でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするならまだあきらめなくて良いかもしれません。
最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも相当数が治療できるようになってきました。
よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を探して、問い合わせてみましょう。
インプラントは決して虫歯になりませんが、治療後はほっておいていいということにはなりません。
小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。
自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守って毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。
異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。
インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。
それからも定期的なメンテナンスを受けなければなりませんので当然、その度に費用を支払います。
普通は、三ヶ月に一回のペースで定期検診に通うのが一般的です。
メンテナンスの費用は保険がきく治療がほとんどなので、三千円くらいと考えてください。
特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の維持費を見込んでおいてください。