リエバコ

バズるコンテンツをつくろう

差し歯とインプラントはどう違うの

SPONSORED LINK

差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。
まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。
自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。
そのため、歯そのものを抜いてしまうと、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。
さて、そこでインプラントですが、これはチタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、その上に義歯を装着して固定するというものです。
歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。
歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、極力安静を保って生活するよう気をつけてください。
日常生活でも歯に負担がかからないようにして、明らかに負荷がかかるレベルの運動は当分控えてください。
傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。
日常的に運動を続けている方なら、いつから再開して良いか、歯科医と確認しておけばベターです。
普通、インプラント埋入手術は日帰りです。
部分麻酔を使うため、入院して手術することはまれです。
出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、安全を期すため、入院を求められることもあります。
また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。
腸骨など自家骨の移植手術であれば入院が必要になることもあるので、注意してください。
これらのケース、その他の困難なケースであれば長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。
入れ歯で噛むと食べた気がしない、または単純に入れ歯は嫌という方には選択肢としてインプラント治療があります。
あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、人工歯をつけるため、費用がかかることは確かですが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。
あくまでも見た目、もしくは使った感じを追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。
インプラント治療はかなりの技術を要するので、失敗のリスクをゼロにすることはできません。
どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといったインプラント本体の損傷、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった見た目を損なってしまう問題もあります。
こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためには歯科医はよく考えて決めてください。
歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、もしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。
入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なり人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、インプラントが定着しなければ再び手術を行って骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。
また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、手術時に神経を損傷する危険を伴います。
金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。
骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金など人体への親和性が極めて高い素材でできているからです。
インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。
全額自費と考えてください。
ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと不安なく進めていけるでしょう。
インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も定期的に歯科医に診てもらう必要があるため当然、その度に費用を支払います。
特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい歯科医に診てもらうことになります。
メンテナンスの費用は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず約三千円とみれば良いでしょう。
特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の費用を支払うことになります。
インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行うごく一般的なインプラント治療でも、どうしても院内感染のリスクは伴います。
いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが大事だと心得てください。
感染症対策について、具体的な取り組みをホームページ内で述べている歯科医院も当然のようになっているので、真っ先に見ておきたいところです。
どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのは歯科医と、歯科医院の決め方です。
一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるのでとにかく数多くのインプラント治療にあたってきた経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。
また、それに加えて、費用面での疑問に応えてくれる、きちんと感染症対策がなされている、いつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも後悔しない歯科医選びの決め手となります。